生姜足湯で、体がポカポカ温まります

寒くなってきました。冷え込みが厳しくなる、これからの季節には、生姜の足湯が欠かせません。

生姜は食べるだけでなく、足湯やお風呂に入れることでも、温活効果があります。

生姜足湯の方法

1、生姜とバケツとお湯を用意します。

今日、使った生姜です。

2、生姜は、良く洗って、皮ごと、すりおろして、ガーゼにつつみます。(お茶パックなどに、入れてもいいです。)

3、バケツに42℃くらいのお湯を入れて、②を入れます。お湯の量は、踝の少し上まで、つかる程度が良いです。

4、足をつけて、温めます。お湯が冷めてきたら、熱めのお湯を入れて調整します。やけどをしないように、気を付けます。汗をかく前にやめます。

私の場合は、15分程度の足湯で、温めます。

生姜足湯の効果

1、生姜の辛み成分がお湯の中に溶けだして、経皮吸収されて、血行を良くしてくれます。その結果、血行が悪くなっている足先を温めると、全身の血行もよくなり、体が温まります。

2、体が温まることにより、血液の循環が良くなり、交感神経と副交感神経のバランスが良くなると言われています。交感神経と副交感神経のアンバランスによる、不快な症状が改善されます。

3、足湯は気持ちが良いので、リラックス効果やストレス軽減につながります。

4、血行がよくなるので、薄毛の改善に効果があるとも、言われています。

気をつけること

私の場合は、生姜の香りも好きなので、すっごくリラックスして、ポカポカ温まります。

初めて生姜足湯をする時は、生姜を少量から試してみる方がいいと思います。肌に合うことを確かめてから、生姜の量を増やした方がいいですね。

それと、足湯が冷めたときに、熱めのお湯を入れたりするので、やけどに注意が必要です。

また、足に傷がある時は、生姜足湯はしないようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加