もやしと新生姜の炒め物

もやしと新生姜、人参、いんげんの炒め物を作りました。

新生姜のピリっとした辛みが爽やかな、野菜炒めが出来ました。

もやしと新生姜の炒め物です。

もやしのシャキシャキとした食感が美味しいですね。

材料

もやし 250g

人参 50g

いんげん 50g

新生姜 20g

他に、酒、醤油、サラダ油、塩、胡椒

作り方

1、もやしは、洗って、水に10分くらい漬けてから、ザルにあげます。

2、人参は千切りにし、固めに茹でておきます。

3、いんげんはすじをとって、熱湯で固めに茹でて、冷水にとり、斜め細切りにします。

4、新生姜は、皮の茶色い所をこそげとり、千切りにします。

5、フライパンにサラダ油少々熱して、新生姜を入れて炒めます。香りがたったら、もやし、人参を入れて炒めます。塩、胡椒をして炒め、しんなりしてきたら、いんげんを入れてさらに炒めます。

仕上げに、酒大さじ1と醤油大さじ1を入れて、サッと炒めて、出来上がりです。

もやしは、加熱し過ぎると、クタッとなって中の水分が出て、柔らかくなりすぎるので、炒め過ぎないようにします。

野菜を炒めると、沢山いただけて、いいですね。夫は、美味しそうに食べていました。もやしは、炒めると、美味しいです。新生姜を入れたので、爽やかな後味が残ります。

もやしについて

もやしには、大豆もやしや、緑豆もやし、ブラックマッペもやしなどがあります。いつも、スーパーで手に入り、家計にやさしい野菜です。

もやしは、豆の芽なので、組織があらく、水分の流出が起こりやすいので、短時間で調理するのがポイントです。

炒め物に最適で、一緒に炒めたものの、うま味を吸収してくれます。

冷蔵庫の野菜室に入れても、あまり日持ちしません。さっと茹でて、水分を拭きとり、ラップでくるんで、チルド室で保存すると、1週間保存できます。

以前は、もやしを使う時には、芽とひげ根を取って、使っていましたが、最近は、食物繊維をたくさん摂りたいので、ひげ根は取らないで使うようになりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加