生姜の保存食作り・味噌漬け

新生姜を沢山、収穫したので、保存食を作ることにしました。

生姜の生産農家の方は、生姜を収穫したら、土の中の穴や、湿度と温度がコントロールできる保管庫などで、保管して、ひね生姜を作られます。

生姜の保管には、温度が15℃、湿度が90%が理想的な環境だそうですが、なかなか、家庭では、難しいです。

そこで、保存食を作ることにしました。

今日は、味噌漬けを2種類作りました。

① 新生姜をスライスして、味噌で漬けた味噌漬けです。

材料

新生姜 100g

味噌 100g

作り方

1、新生姜は、皮の汚い所だけこそげとって、洗って、水分を拭きとってから、スライスします。

2、味噌を加えて、まぜます。

3、2時間くらいすると、水分がでてくるので、混ぜて、均一になるようにします。

4、綺麗に洗って、消毒した瓶に入れて、冷蔵庫で保管します。

味噌だけで漬けてあるので、炒め物、みそ汁、豚汁、鍋など、色んな料理につかえます。

② 新生姜を、砂糖と味噌で漬けた味噌漬けです。

材料

新生姜 300g

塩 30g

味噌 450g

砂糖 100g

作り方

1、新生姜は、洗って、皮の汚い所だけこそげ取るようにします。簡易漬物器に入れて、塩を加え、半日くらい漬けます。水分が出てきます。

2、新生姜を水で洗って、水分をよくふき取ります。

3、容器で、味噌と砂糖を混ぜ合わせて、新生姜を入れて、漬けます。

4、しばらくすると、水分が出て、味噌がなじんで来ます。

新生姜を塩で漬けて水分を除き、味噌に漬けたので、2か月くらい冷蔵庫で保管できます。丸ごと漬けてあるので、取り出して、スライスして、いただきます。甘じょっぱい味噌味が、後を引く美味しさです。

今日使った味噌は、麦みそで、甘口です。辛口の味噌だと、もう少し、砂糖の量を増やした方が美味しいと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加